Please reload

靴のクリームの種類

2018/03/05

閲覧ありがとうございます!

今回は靴クリームの種類についてご紹介できればと思います。

 

色々靴クリームがあってわからない…。

どれを買えばいいの?

と、疑問に思う方は少なくないと思います。

簡単に種類と用途をご紹介しますので、迷った時の参考にして下さい!

 

乳化性クリーム…一番代表的なクリーム。チューブまたはビンに入ったクリームで普通のスムース革の靴の保革、ツヤ出し、補色に使います。

クリームの色は塗る革の色よりやや薄めの物を選ぶと色ムラが起こす事が少なくなります。薄くムラ無く塗ってからしばらく置き、きれいな柔らかい布で磨くと、ツヤが出てきます。

ブリストルブラシなどの毛質が硬いブラシで磨くと効率的に作業ができます。

 

 

 

油性クリーム(ポリッシュ)…乳化性よりもツヤが欲しいときに使用する油性タイプのクリーム(所謂ポリッシュ)です。ワックス分が多くツヤが出て防水性も高いのですが、淡い色のカーフ等のデリケートな革に塗ると油分でシミが出来たり色が濃くなったりしますので注意が必要です。布にとって薄くムラ無く塗り、きれいな柔らかい布で十分磨きます。更に光らせたい時は、少量の水を付けたしながら繰り返し塗って磨くと素晴らしい光沢が出ます。

 

 

液体クリーム…塗って乾かすだけで磨ける便利なクリームですが、何度も塗り重ねが続くと革の風合いが落ちたりヒビ割れを起こします。

時々クリーナーで古いクリームを落としてお使い下さい。

 

 

クリーナー…名前の通り、革の汚れや古い靴クリームを落とすクリーナーです。洗浄力の強い物は汚れを落としやすい反面デリケートな革に使うと、色落ちやシミを起こして靴にダメージを与えてしまう可能性があります。

従って、汚れ落とし効果がマイルドなタイプとの使い分けが必要です。

 ※日常的に使うのであればマイルドなタイプをおすすめしております。

 

スエード用スプレー…普通のクリームが使えないスエード靴用のお手入れスプレーです。防水と保革効果で起毛製品のお手入れが簡単に出来ます。色つきのタイプはさめた色を補色して鮮やかに仕上げることが出来ますがムラを起こさないためには色の選択に注意が必要です。スプレーの後、スエード用ブラシを使って毛足を整えますと綺麗になります。

 

以上です。

どのシューケア用品が良いかお困りの時は是非参考にして下さい。

 

その他にわからない点やご質問などございましたら、お問い合わせフォームにてご連絡頂ければ対応させて頂きます。

お気軽にどうぞ!

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

RECENT POSTS

Please reload

ARCHIVE

ARAKAWA SANGYO WEB SITE

荒川産業株式会社